第1戦
TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE
トラブルを乗り越え小山知良がHonda勢トップの4位國峰啄磨も5位でフィニッシュ!

2019年4月6日(土)
公式予選 天候:晴れ コース:ドライ
2019年4 7日(日)
決勝 天候:晴れ コース:ドライ
観客動員数 1万3800人(2日間合計)

STORY

 2019年の全日本ロードレース選手権が栃木県・ツインリンクもてぎで開幕し、日本郵便 HondaDream TPとして2年目のシーズンがスタート。今シーズンも小山知良、國峰啄磨、亀井駿の3台体制で臨む。
 昨年は、タイトル獲得まで後一歩というところだっただけに、今シーズンにかける意気込みは、かなりのものだった。その悔しさを晴らすためにもチームは、シーズンオフにマシンをしっかり整備し、開幕戦の前週に行われた公開テストに臨んだ。ここで小山も國峰も今シーズン初めての本格的な走行となったが、2人ともトップライダーらしく着実にマシンセットを詰めていく。一方、亀井は、バイクのことを、もっと理解することを目的に、自分自身で整備する範囲を増やす体制で臨むことになったが、今のところ、うまく軌道に乗ってない。
 開幕戦ツインリンクもてぎのレースウイークは木曜日の特別スポーツ走行から始まった。事前テストの調子もまずまず、昨年はチームで1-2フィニッシュを飾っているだけに、いざスタートという場面だったが小山のマシンにトラブルが発生してしまい1本目のセッションを走ることができずに終わってしまう。メカニックは懸命に修復するが、2本目でも違う問題が起きてしまい、初日は計測4周しかできず、ほとんど走れず終いとなってしまう。金曜日もマイナートラブルがあり思うように走れないまま2日間が過ぎて行ってしまっていた。一方、國峰は、順調にマシンセットを進め金曜日は両セッションで7番手につけていた。
 今シーズン、ST600クラスのタイヤは新しくなり、その進化は好評。全体的にタイムアップしてきており、予選では、コースレコードが塗り替えられることは確実視されていた。もちろん小山も國峰もレコードタイムを超えるタイムを出せると思っていた。
 土曜日のお昼に行われた予選セッション。金曜日の夜遅くまでメカニックが整備したマシンを信じ、小山はコースに出て行く。

 國峰がセッション序盤に1分54秒792まで縮めると、小山は、セッション終盤のアタックで1分54秒352をマーク。レコードタイムを上回り4番手となる。國峰は、セッション終盤のアタックが不発に終わりタイムを更新できなかったが、それでも6番手。2人ともセカンドロウからスタートすることになった。
 18周で争われたST600クラスの決勝。小山は、好スタートを切り3番手で1コーナーに入って行く。國峰も5番手とポジションを上げる。オープニングラップの5コーナーでは、小山が南本選手にかわされ4番手にポジションダウン。オープニングラップは、小山が4番手、國峰が5番手でホームストレートに戻ってくる。その後、トップ2台が逃げ、南本選手と小山が3位争いを展開。小山について行きたい國峰だったが、徐々に遅れを取ってしまい、菅原選手、奥田選手と5位争いを繰り広げて行く。
 小山は、南本選手の背後につけチャンスを伺うが、仕掛けるには現状ではリスクがあった。それでもファイナルラップの90度コーナーのブレーキングで勝負に出る。しかし西日でフラッグがうまく見えずイエローフラッグだと違反になってしまうと思った小山は、ブレーキングを行い引いたところ軽く接触。コースアウトしてしまうが転倒はなく、すぐにコースに復帰。4位でチェッカーフラッグを受けた。國峰もレース終盤のバトルに打ち勝ち5位でゴール。Honda勢では、トップ2の成績を残した。
 日本郵便と組んでの応援ツアーには、130名もの方が参加。グランドスタンド上の日本郵便ブースには、多くのお客さんが訪れ大盛況。今後もレース活動だけではなく、全日本ロードレース全体が盛り上がる活動にも力を入れて行く。

小山知良コメント

「厳しいウイークでしたけれど予選でしっかりまとめて、現状でできる100%のことをやり尽くした結果が今回の4位だったと思います。幸い公開テストを走れていたので、そのデータから少しアジャストして行き、あとはライダー自身で合わせ込んで行きました。決勝は、ついて行くことはできるのですが、パスするにはリスクがありました。最後に勝負はしましたが今回は難しかったですね。表彰台には立てませんでしたが、シーズン全体を考えればまずまずの結果だったと思います」

國峰啄磨コメント

「今年も日本郵便 HondaDream TPで走れることを光栄に思います。初日は1本目トップ、2本目2番手と調子よくスタートしたのですが、2日目はトラブルもあるながら、自分の判断ミスもあり足踏みしてしまったので、次戦以降ないようにしたいですね。レースは、スタートは、まずまずでしたし、小山選手について行きたかったのですが、現状ではリスクがあったので気持ちを切り換えて、今やれることはしようと最善を尽くしました。次戦は、もっと上を狙います!」

亀井駿コメント

「今シーズンも全日本ST600クラスに参戦できることをスポンサー、チームの皆さんを始め応援してくださっている方に感謝いたします。今年からバイクのことを自分でやることが増えたのですが、準備不足のままレースを迎えてしまっていました。開幕戦を終えて、足りない部分をしっかり補って、レースへの取り組み方自体を変えていけないと行けないと痛感しました。次戦までに改善したいと思っています」

手島雄介代表コメント

「日本郵便、Honda、ウェビックを始め多くの皆さんの支えのおかげで今シーズンもスタートラインに並ぶことができましたことを感謝申し上げます。昨年は悔しいランキング2位となり、今年こそと準備をしてきましたが、レースウイーク初日にトラブルが出てしまいました。そこから流れが悪くなりましたが、ライダーも踏ん張ってくれました。トラブルは攻めて行った結果でしたし、今回の教訓をプラスにして行きたいですね。日本郵便さんとのイベントも盛況でしたし、この活動を続けていきたいですね」

RACE
TEAM
PHOTO Gallery : RACE
PHOTO Gallery : TEAM